揺れる想いは万華鏡

(ほぼ)毎日更新しません

OTKドラゴンが嫌いな理由

とむじです。

 

毎日日記じゃないけど書きます。

ネタがなかったらタイトルだけ変えて毎日日記にします。

 

斜度場で一番キライなデッキが荒牙OTKドラゴンですが、

オタク特有のヘイトスピーチをやっていきたいと思います。

 

 

荒牙OTKドラゴンは、

主にPPが8ぐらいのときに、荒牙×3+運命で15点以上の顔への直接ダメージを叩き出すデッキですが

このデッキの嫌いなところと面白くないところを書いていきたいと思います。

 

 

 

・いまのところメタカードがほぼない

体力15以下の状態で荒牙3枚と運命が揃っていれば盤面がいくら強くても負け。

直ダメなので守護も意味がない。タイムレスウィッチ以外現状防ぎようがありません。

体力15以上にしとけばええやんけとも言えますが、

運命がチェインすれば余裕で20点は超えます。

 

・駆け引きが(少)ない

回復手段が無いデッキなら特に、OTKドラゴンとわかった時点でこれといって対処できる方法がない。

相手のコンボが完成するまでに倒してしまえばいい。

というのは、アグロならまだしも遅いデッキならほぼ不可能です。

回復手段がないと、顔の体力を16以上に抑えることでしかほぼ対処できない。

カードゲームの醍醐味である駆け引きの要素を少なくしているデッキです。

 

・ターンPP制、ドロー、コンボ性

大前提として、1ターンにPPが1増えて1ターンに1枚ドローする。

現状闘気しかドローソースが無い現状で、特定のカードコンボを成立させることで勝負を決めに行くコンボデッキは運ゲーの要素を加速させる要素。

これに関してはミニゴブリンメイジが悪さをしているのですが、

このカードを作ってしまったのは仕方ない。サイゲームスさんはこのカードの存在を常に意識しながら新カードを作ることを運命づけられてしまった。

特定のコンボデッキは大量ドローによって基盤ができるものだし、

運命が引けるかどうか、つながるかどうかの運ゲーの要素が強くなるデッキは

カードゲームとしての面白くなさを助長させる。

 

テーマがコンボ前提のエルフは、

今あるカードで最善のコンボを選択する感が強くてまだバランスがとれている。

1/1/1のフェアリーをいかにうまく使うかの要素は

カードパワーのインフレを抑えるいい歯止めになってくれるし

特定の1枚と1枚を組み合わすコンボのみが強くなる要素を減らしてくれる。

バランス調整が難しそうだけどよくやってると思います。

 

 

・環境での立場はそこそこ、フリーで戦うとこれほどつまらんデッキはない

これが一番言いたいことです。

遊戯王でバーン・ロック・エクゾ・図書館等が嫌われる理由と同じです。

 

環境では一線級のデッキではないのに、フリーで戦うと相手に不快感とストレスを与えやすいデッキ(と自分は思っている)。

カードゲームに必ず存在する、ゲームを面白くなくする要素の一つです。

仮にこういうデッキが環境でトップクラスになると必ずプレイヤー人口が減ります。

 

 

 

たぶんまだ嫌いな要素はいっぱいありますがとりあえずこれぐらいです。

 

これは個人的に荒牙OTKが嫌いで、シャドウバースというカードゲームをつまらなくするテーマがついぞ出てきたかという観点で書いたものです。

強ければ大会で使うのはもちろん歓迎だし、このデッキを考案した人はすごいと思います。

 

フレ戦で相手をオナホールにするために使うのは、チェーンバーンでうんざりです。

ランクマに潜り続けていたり、大会に本気で勝ちに行く人とは相容れない点もけっこうあると思いますが、

カードプールが増えてファンデッキアンパンマンで楽しく遊ぶ文化も根付いてくるということも考えてもらえると

にわかエンジョイ勢としては嬉しいなってところです。

 ※勝てればそれでいいという大会などの真剣勝負においてはもちろん使うのは歓迎です。メタを貼れていない相手に勝つのも戦略だと思います。

 

 

それでは。

この記事は消すかもしれません。