読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

揺れる想いは万華鏡

さめじゃ official blog

アイドルは彼女たりえない

どうも。
タイトル見て何言ってんだこいつ当たり前のことをみたいなことを思う人もいるでしょう。
以下当たり前のことを当たり前に言ってるだけなので、興味のないひとはブラウザバックどうぞ。

 

そもそもなんでこんなクソ記事書く羽目になったのかというと、「おれ彼女出来てもアイドルは変わらず好きだわ〜w」みたいな何の意味も生産性もない会話をしてしまったからです。ちなみにぼくは若干22歳彼女いない歴=年齢(素人童貞は心の底から見下している)なわけですが。

 

いやでも僕の言ってることに間違いはないはずなんですよ。男なんてみんなアイドルが好きだし、彼女がいようがいまいがその事実はなんら変わらない。アイドルのことは好きだし、彼女のことも好き、それについて特に悪いところも見つからないし。

 

僕が言いたいのは、その「好き」っていうのが全く違う意味合いを持っているということなんですよ。
よく聞くじゃないですか、ガチ恋とか。彼らアイドルと付き合える立場にいたとしても絶対付き合わない、付き合えないと思いますよ。
そもそもアイドルの語源って偶像なんですよ。わかりますか、この皮肉が。シャドウバースに「狂信の偶像」ってカードがあって、なかなか面白いフレーバーテキストをしている。

 

・神に祈りを捧げる時、人は頭を垂れ瞼を閉じる。従順さを示すため、あるいは、己が神の狂気から目を逸らすため。―『恭順と狂気』、第十二項

・頭を上げ瞼を開いた時、人はようやく気付くのだ。だが、その時にはもう、遅い。人は狂った神に縋り、狂わせてくれと哀願するだろう。―『恭順と狂気』、第十四項

 

僕はこのテキスト、めっちゃ好きです。アイドルが好きってだいたいこんな感じじゃないですか?(適当)
なにが言いたいかっていうと、アイドルが好きってのはほとんど”信仰心”みたいなもんだという勝手な解釈です。
僕たちオタクはアイドルたちが形作る様々な偶像を好きになっちゃうわけですね。べつにこれらの偶像が彼女たちにとって嘘・偽りとかそんなことはないと思います。中には紛れなく真実の姿だってある。でもここに恋しちゃったとしてもそれは結局、信仰に他ならないと僕は思うんですね。

 

よくアイドルが彼氏を作って炎上する話を聞きます。そりゃ当たり前のことだ。
いい年をした女の子なんだから彼氏の一人くらい誰だって作る。みんな頭の中では分かってる。
でもね、オタクからしたらそれは神の冒涜に他ならない。普段宗教とか全くどうでもいい日本人でもその時ならジハードだって起こせる。

 

じゃあ彼女ってなんなのかっていうと、僕にはいたことないので分かりません、バラ!(バラについては以前の記事参照

smj.hatenablog.jp


特に言いたいこともなくなったので(元からなかった)、今日はここらへんで終わります。

 

ブログお読みいただきありがとうございます。