揺れる想いは万華鏡

シェフの気まぐれ

本屋大賞2017

tmjds.

 

今年の本屋大賞

蜜蜂と遠雷
恩田陸(著)
幻冬舎

でした。

 

直木賞も受賞したW受賞は史上初らしいです。

 

恩田陸の本は好きなので早速読んでみました。

 

新書のでかくて硬い本で500ページ以上あったのでなかなかの長編ですね。

トーリーは4人の天才ピアニストに焦点をあてて、

日本で開催される1つの大きな国際ピアノコンクールをひたすら描写していくだけです。

 

あらすじとかストーリーに言及するのは苦手なので、気に入った点をあげてきます。

 

まず、帯には青春群像の作品だと書いていたのですが、中身は結構大人向けで青春群像にありがちな青年達の成長をかなり上品に書いており、かつ生々しさも感じられました。
夜のピクニックがかなり青春小説だったので、帯を見たときはその流れかなと予想していたんですが良い意味で期待を裏切られました。

そして、4人各々がピアノを演奏してるシーンについての文字数がはんぱない。
クラシックの曲で作曲家が何を主題に何をモチーフに何をイメージしていたかを徹底的に調べ上げているんだなというのを感じられます。
その中に各ピアニストによる演奏の色とか雰囲気を十二分に付け加えていて、
音楽をここまで文章で表現できるのかと感心しました。

それになにより、この本を書くのに作者がかなり長い時間を費やしているのが読んでいてまじまじと感じられます。
帯には「文句なしの最高傑作」的な口上が書いていたのですがまさにその通り。
これ以上の内容の本は同じ作者でもなかなか出てこないだろうなと思わされます。

 

音楽やピアノが好きな人、音楽に対する文章表現の極みのようなものを読んでみたい人には強くおすすめします。

 

 

 

それと、本屋大賞2017

8位の

『夜行』
森見登美彦(著)
小学館

も読んどきました。

森見登美彦の作品を未読で、読んでみたいと思っていたのでちょうどいいと思って読みました。

あらすじなどを全く見ずに読み始めたんですが、

夜は短し歩けよ乙女のようなファンタジー要素はやっぱりありました。

個人的にファンタジー要素は少ないほうがいいので、好みかどうかで言えばあまり好みではなかったです。

作品の文章構成は良かったです。

各登場人物の奇妙なエピソードを連ねた後に、最後にオチというかキレイに〆るのは良かったです。
総合的に見れば良い本だったので森見登美彦ファンなら読んでみるといいと思います。

 

あと冒頭で京大の周りの風景をありありと書いていたので(主人公は案の定京大卒)、

情景を容易に想像できました。エモポイント。

作者の代名詞。

 

 

そえrでは。