揺れる想いは万華鏡

Gaming Group "AG" official blog. <writer> smj/tmj/mirij/mj

響け!ユーフォニアム第二楽章 感想

ユーフォの小説 最近発売したアニメの続き部分の本を呼んだので感想です。
この部分もアニメ化するかは知らないけどネタバレを隠す気ないので気をつけてください。

 黄前ちゃん達が二年生になってからの話。

まず新1年生が入ってくるところから新しい話は作れそうですよね。
顧問が変わってすぐ全国に行ったということで当然やる気勢みたいな人がいっぱい入ってきます。

低音に入った1年生が癖のあるやつばっかり、というかめんどくさいやつが多い。
人間関係修復の専門家みたいになった黄前ちゃんが色々がんばって関係修復。

他のパートにもめんどくさいやつがいたんだろうけどそこは描写する必要がないから多分書かれてない。当たり前だけど色々あるよね。

1年生で好きになれそうなキャラは特にいませんでした。
コンバスの1年生は名前的に親近感がわきましたが、それだけ。
奏ちゃんは俺の嫌いなタイプのキャラ。

いろいろマシになった奏ちゃんがオーディションで夏紀ぱいせんといざこざがある。
夏紀ぱいせんが報われる形で終わり。
このときすでに強キャラ感が出始める黄前ちゃん、好き。

外伝集で秀一と結ばれた黄前ちゃんの描写がちょくちょく入る。がんばれ秀一。
応援したくなる。ここはアニメで見たいところ。

京都府大会なんなく突破、ただ慢心がちょこっと見て取れる。
慢心しちゃうよねーわかる。

自由曲がまたオリジナルなんだけど、テーマがまんま希とみぞれ。
微妙に解決してない2人の問題を結構掘り下げる。
またコンサルタント黄前が巻き込まれる形で微妙に解決。みぞれ覚醒。希の評価は少し下がる。アニメの見た目も好きじゃないし。
みぞれは新山さんに音大はどうかと提案される。でも希はされない。希嫉妬。でもみぞれは希大好き。希メンヘラになる。自由曲にはみぞれのソロ×希のソロが入るけど息が合わずgdgd。なんとか解決しよう部長&副部長&黄前ちゃん。
後編はほとんどこれがメイン。

優子部長や夏紀副部長も結構がんばってるけど、†トランペットのエース†はいろいろご不満を持ってる感じ。この辺からちょっとフラグが立ち始める。
トランペットの1年生で、中学では黄前ちゃんの後輩だった夢ちゃんが上がり症で本番に弱いタイプ。上手いんだけどメンタル雑魚。いや、くそ雑魚ナメクジレベル。
GAAAAAAAAAめんどくさい。大っ嫌いなタイプの人間。ここはアニメで見たくない。

去年B編成でトランペットのなんとか先輩が病気になってマネージャーになる描写がどっかに入ってたけど忘れた。でも結構がんばってるしお話に割りと関わってくる。
あんまり好きなキャラじゃないのでビミョウ。でも応援したくなる感じはする。
がんばれ。

まあまあ問題が解決しきったところで関西大会。
実はコンバスの1年生の母校の高等部(男子校)に、吹奏楽の有名顧問が赴任。
京都大会で勝ち抜いてるのでダークホース枠扱いだったけど、露骨にフラグが立ってる。

ダークホースと3強等に負けて北宇治はダメ金。全国行けず終了。

優子部長もがんばったけど、去年一昨年の問題のせいか、妥協を重ねたまるい選択肢をとりすぎたねと反省。来年はがんばるゾイ。私達卒業だけど。

ということで引退公演in植物園が終わった後、部長達に呼ばれた黄前ちゃん。
来年の部長はぴめぇだぞと言われたところでおしまい。

多分この後も物語続くと思うんですけどすごく楽しそうだから早く読みたい。
アニメ化はしたらしたでいいけど別にしなくてもいいといったところ。
京アニが採用する原作は結構面白いしちゃんと文学として読めるのでまあまあオススメです。

それでは。

 

本日のじゃかじゃかジャンケンの時間はお休みです。
次回をお楽しみください。