揺れる想いは万華鏡

Gaming Group "AG" official blog. This blog is written by さめじゃ,とむじ,みり ampersand まらじ.

ポケモン bwからUSUMへ 育成の探求

こんちくわ、smjです。

 

最近、オコワでポケモンについて談義をすることが増えました。AGメンは何かしらポケモンに触れて育ってきたのが大半なので共通の話題として盛り上がることが多いです。

さて、今回は折角なので僕らが本格的にポケモンに触れ始めた5世代から7世代、bwからUSUMまでの環境において個人的に印象に残っているポケモンを纏めてみました。

 

ー5世代ー

ボルトロス

f:id:a2h1me:20180905010333g:plain

5世代の象徴というほどインパクトが強い。10万/めざ氷/電磁波/威張る@オボン みたいな型が一番好きでした。今となっては悲しいかな盛者必衰という言葉が似あう。

キノガッサ

f:id:a2h1me:20180905010921g:plain

犯罪者ポケモン。ローキックの威力が上がった元凶。テクニ陽気がテンプレなんだろうが、腕白で耐久に振ったポイヒも面白くて好きです。

カバルドン

f:id:a2h1me:20180905011319g:plain

5世代から技構成が変わっていないやつ。砂ターンの修正くらいしか弱体化食らってなくて物理が強い環境になれば仕事はそらあるでしょという感じ。5世代に特化して語ることはないが、仮にあるとすればめざ飛行くらい。天才の発想の1つだと思う。

サクラビス

f:id:a2h1me:20180905011718g:plain

55-84-105-114-75-52 めざパの話をしたのでこいつも。意外に硬く、意外に遅い。雨、というか天候が流行っていたせいもあってのメタとしての採用の良い例。めざ龍を搭載する真っ当な理由があるポケモンはこいつを除いて先にも後にもいない筈。しずおか。

 

ー6世代ー

・ガルーラ

f:id:a2h1me:20180905012137g:plain

XY・ΩRαSを語るうえで外せないやつ。エメループが出来る友人に懇願して投げガルをもらったのが懐かしい。冷凍/シャドボ/投げ/身代わり みたいな構成もいいと思いますが、やっぱり王道を征く 猫/捨て身/グロウ@1 ですね。最終枠に関しては冷パン推しでした。ボルトランドコントロールみたいな構築も流行ってましたし、それに対して上から殴り殺せるのが一番このポケモンを生かしていると思います。ガルガブゲン最高!

ルカリオ

f:id:a2h1me:20180905012741g:plain

波動の勇者。物理よりは特殊が好きでした、漢はやっぱり気合ボールだよなぁ!? 気合/ラスカ/真空波/悪巧み の並びが完成されすぎてて惚れ惚れしますね。

ボーマンダ

f:id:a2h1me:20180905013238g:plain

みんな大好きサラマンス。ASよりはHDで陰キャするほうが好きです。過去にランドがしょっちゅう後投げされて非常に鬱陶しかったのでめざ氷を搭載したら結構刺さった記憶があります。なによりカッコいいですね。血塗られた三日月。

・ゲンガー

f:id:a2h1me:20180905013629g:plain

神。英語で言うとGOD。シャドボ/気合/催眠/道連れ

ロトム

f:id:a2h1me:20180905013856g:plain

個人的にΩRαSといえばこいつ。当時、魔界ロトム(放電/怪しい光/鬼火/身代わり@残飯)という天才的な型がありました。こいつには使わないと分からない強さがあり、安定感と陰キャさにぼくは虜になってしまったのです。ですので、7世代での混乱の弱体化には枕を濡らしました。

 

ー7世代ー

ポリゴンZ

f:id:a2h1me:20180905014702g:plain

7世代はほゞやってないに等しいので1体だけ。俗にいう永久保証ポリゴンZというアレです。10万/冷凍/再生/テクスチャー 技構成の美しさと安定感に過去にはないくらい心を揺さぶられました。まぁ使ったことないですけど。

 

当たり前ですけど、やってた時期ほど思い入れがあるのが多いですね。他にも構築単位でジャロゴーリだとかボルトメタモンとか、単体でも野球ボルト、激流ゲッコウガetc...

話したいのは色々あったんですけど、長くなりすぎるのでここらへんで。

やっぱりポケモンはいいですね、落ち着いたらまたやりたいです。

最後にポケモンクイズでも置いてお暇しましょうかね。

ℚ. 草タイプの中でだいもんじを覚えるポケモン、といえば誰でしょう?

ヒントです。素早さは早いときもあれば遅いときもあります。

 

そりでは。