揺れる想いは万華鏡

Gaming Group "AG" official blog.

2018ドラフトを終えて軽く感想とか。

メインは我がバファローズについてです。

小園を外して1位指名だった天理の太田については指名方針が一貫していて良いなと。

右打ちの長打を打てるショートは希少価値の高いので2位では残っていないと踏んでの指名だとは思いますし、1回目の抽選を終えて残っていた選手の中ではバファローズにとって優先順位がかなり高いと考えていました。

2位の亜細亜頓宮はイマイチ球団としての方針が見えてきません。捕手として育てたいのか内野として考えているのか。本人のコメントとスカウトの評価が食い違っているところがあるのでそこは不安材料かなと感じました。勿論、頓宮自体の実力は文句のつけようがないので長打力不足を解消する為には納得の指名だと思います。

次に指名されたHonda熊本の荒西に関してはてっきりソフトバンクが指名すると思ってた(そういう話を目にした)のであまりマークしてなかったのですが、疲弊気味の先発中継ぎ陣を埋めるピースとしては超即戦力になると考えれるので納得できる指名です。正直、社会人で8年やってて今まで指名がなかったということを考えるとこの順位は?とも思ってしまいますが、おそらく4巡目までは残ってなかったでしょうし妥当でしょう。所謂、左で投げているだけのピッチャー(誰とは言いませんが)を適当に指名されるよりは良いですね。

そして、社会人続きますがトヨタ自動車冨山はよくここまで残っていたっていうのが第一印象です。かなり上位で消えると思っていたのですが、ここで若い左Pを指名できたのはスカウトよくやったといったところでしょうか。去年の田嶋のように即戦力で頑張ってもらいたいです。

5巡目でKBC未来沖縄の宜保翔を指名するのですが、これは少し意図が汲み取れない指名でした。内野手とコールされたのでそのつもりの指名なんでしょうが、全くタイプの被る岡崎大輔がいるのに、とは思ってしまいました。縞田、坂本と内野を2人戦力外にしていると考えると分からなくもありませんが、もう少し違うタイプでも良かったのではと思います。ただ、ミーハーとしては高卒を指名しているのは高評価です。

次のJX-ENEOS左澤はそういえばおったなという印象です。いい感じにまとまっているので左の中継ぎとしてやってくれるんじゃないかと思います。また冨山とは違うタイプな感じもします。

支配下で最後の指名となった東洋大中川圭太は頓宮とまた違ってアベレージと長打を両方残せるバッターなので補強ポイントにあった指名だと思います。どこ守るのかは未知数ですがウチの内野はかなりガバいので付け入る余地は十二分にありそうですね。

1人だけ取った新潟医療福祉大の漆原は少し話題になっていたのである程度は見たことありますが、いい感じにまとまりすぎてて逆にコメントしようがないですね、まとまっているのが良い所って感じです。

総合的に見ても十分合格点のドラフトなんじゃないでしょうか、ビッグネームが少ないですがそれはあまり関係ないので。欲を言えば高卒の投手が1人は欲しかった所だけが文句ですん。

他球団で気になったのはやっぱり巨人ですかね。

世間のアマチュア評論家様方の意見では意味不明だの35点だの言われてますが、ぼくはかなり意志が見えていいと感じました。巨人の補強ポイントとしては高卒というのは明らかなとこがあったのでそこを貫き通したことはかなりポイント高いでs。1位が根尾辰巳高橋優貴と補強ポイントが2点,3点したことはどうかと思いますが、それ以降の明秀日立の増田折尾愛真松井、育成で健大高崎山下の指名で主軸候補の内外野をきちんと抑えながら、松商学園直江聖心ウルスラ戸郷、超未完の大器の横川凱を取れているのは合格点ではないでしょうか。4,5年後にならないとこのドラフトの成否は分かりませんが現時点ではかなりいい指名だと思いました。

全球団見渡しても中日が頭一つ抜けている以外は現段階では横一線って感じがするいいドラフトだったんじゃないでしょうか。

 

おわり!