揺れる想いは万華鏡

あ い う え おじゃす!

感想

smjです

 

金土と18きっぷで銀座まで行って参りました。因みに人生初銀座です、銀座同定卒業。

 

前日入りしてたのにも関わらず、また余裕をもって起きたのにも関わらず開始の20分前について案の定並ぶという馬鹿をしたのでその点においては反省が多い。あと10分遅れてれば入るのが30分は遅くなったかと思うと非常に危なかった。何事も余裕を持って行動することが大事。

 

本題に移るとすると、展示されていた絵画・作品はどれも恐らくは素人モノながらも感銘を受けるものばかりで、これを美術品と言わないなら何と例えようかというところでした。3桁数の作品の中から選び抜かれた50点となるとやはりレベルが非常に高い。正直、美術というものに対しては素人中の素人なので上手い下手も分かっていないのだろうが、自分が見る限りは上手くそして努力・気持ちを感じるものだった。

 

また、このような催し物において絵画を観るということも長らく経験がなかったのだが、画像で見るとはまた一味も二味も異なる良さがあり今後も機会があれば体験してみたいと思った。奥行きや角度、そのような要素が組み合わさることで2次元の画像に比べ格段とその絵画の良さを引き立て、3次元の作品と言う集合を形成するのかもしれない。2次元でシコるのもいいが3次元でシコるのもまた一興と言ったところだろうか。

 

作品一つ一つに対しての言及は有限に長くなってしまうのでここでは割愛するが、何度も言う通り上手い、下手関係なく気魄の溢れ出るようなものばかりであった。また、惜しくも展示はされなかったものの作品を作り上げ観てる信者衛門を楽しませてくれた信者衛門達にも最大級のリスペクトをしたい。素晴らしい心意気だった。

 

また、主催者の純、そしてギャラリーSIACCAのママ、その他このような素晴らしい機会を設けてくれた関係者の方々にも感謝するために一つ讃美歌を歌いましょう。

 

88 心に愛を

心に愛を 豊かに満たし

日ごとのわざに つかわし給え アーメン

 

お盆にいい思い出が出来ました。

 

各作品が気になった方はYouTubeで「加藤純一美術館」と検索していただけると早いと思う。そりでは。

 

p.s. 忘れてましたが、ぼくが待機列の最前まで行った時に某迷惑系配信者どりゃなんとか・。・が案内してる人に”かっさんと共演したことあるんスけど入れてくれませんか?”って話しかけてるのを見て、本当の池沼は出会って3秒で池沼だと分かることを知見として得ました。まぁあの見てくれなら100人中5億人が分かるわな、ゎら。