揺れる想いは万華鏡

オコエ、清宮、そして時代はラシードへ

maraj的レコード評論 第1回 Official髭男dism 『エスカパレード』

みなさま、こんにちは、こんばんは。AGきっての楽曲派でやらせてもらってるmarajでございます。

 楽曲派なのに楽曲についての記事を書いたことがない!ということで、これから不定期に自分が大好きなCDのレビューを記していこうと思います。

 さて、今回はその記念すべき第一回目、CDがこちらです。

Official髭男dism 『エスカパレード』エスカパレード 通常盤

 今回は、現在ノリに乗っているOfficial髭男dismが2018年に出した1stフルアルバム『エスカパレード』です。

まるでsuchmosが「STAY TUNE」で世を席巻したときと同じようなブームを引き起こしているOfficial髭男dismですが、前者は大衆向けではなかったために一過性であった一方で、このバンドはこれからも大衆に売れ続けていくと思います。それだけの土壌がJ-POPに備わっており、鋭く賢くそこに手を加えている、そんな印象を受けます。

本記事は、そのブームに火がついたと思われるシングル『Pretender』より以前に発売されたデビューアルバムについての紹介です。

 

僕自身は、最近の曲はあまり興味がなく、このデビューアルバムを含め、それ以前の曲をよく聞いています。「キャッチーなメロディーラインとノリの良いバッキングをグルーヴィーに奏でている」点においてJ-POPでは圧倒的に群を抜いていると感じるからです。

各メンバーはJ-POPをはじめ、ブラックミュージックやパンクロックなどの素養を抱えており、それらを豊富に感じることができ、曲ごとに色々な表情を見せてくれます。その体験がとても面白い、彼らのインディーズの集大成とも呼べるデビューアルバムが最高傑作『エスカパレード』といえます。

 

そのテーマはなんでしょう?僕には「人生謳歌」のアルバムに聞こえます。

1曲目の「115万キロのフィルム」は王道のウエディングソングな歌詞をジャジーなピアノに乗せて綺麗に奏でている曲です。君との日々を、カメラマンの僕がフィルムに収める視点で捉える、なかなかキザな曲です。

2曲目の「ノーダウト」は間奏がとても印象的なアップテンポの曲であり、アルバムのこれからの展開を予感させ、3曲目の「ESCAPADE」でまさに人生謳歌の極みを迎えます。このキャッチーさは筆舌に尽くしがたいです。唐突にマイナー調で始まる複雑な心境を描いた4曲目の「LADY」、不穏なコーラスから始まる5曲目「たかがアイラブユー」により一気に暗い雰囲気になだれこみます。6曲目の「されど日々は」は前半の明るさと一転して、人生の不安な点を浮き彫りにするような、そんな気分に誘います。

6曲目の「可能性」で雰囲気は中心に戻ります。この曲の味わいは、言うなればアルバム全体のInterludeでしょうか。

縦ノリが強いダンスチューン、7曲目の「Tell Me Baby」が衝撃的に流れ込めば、怒涛の勢いを保ったまま歌うようなギターリフが印象的な8曲目の「Second LINE」に移ります。そしてさらに激しくなり、9曲目の「Driver」は希望に溢れた世界を演出しています。

10曲目の「相思相愛」は儚さを感じさせつつも落ち着きを感じる、エンディングを匂わせ始め、11曲目の「ブラザーズ」は一転して落ち着きを失いつつもアルバム全体の雰囲気をうまく調和したような、そしてトリの「発明家」は大団円で終わりを迎えます。

 

Official髭男dismにちょっとハマりかけのみなさま、いやそうでなくても、このアルバムを聞いてみてはいかがでしょうか、ここ1年ほどで表情を変える前の髭男たちの等身大の人生謳歌が感じられるはずです。

 


Official髭男dism - 115万キロのフィルム[Official Live Video]

 

ここまで書いてアルバム全体を考察するのしんどすぎってなったので、次回は無いと思います。それでわ。