揺れる想いは万華鏡

オコエ、清宮、そして時代はラシードへ

毎日おーたむにっき ぱーと2187

こんちくわsmjds

 

マジで日記に書くことが無いので数学の話です。

 

皆さんはじゃんけんって何人くらいでしますか?ぼくはシャドウバースというゲームで2人でやることが多いです。というのは冗談でじゃあ2人でやったときを考えてみましょう。

 

2人でじゃんけんをやった場合はあいこになる確率は3/9で1/3ですね。従って,1回で勝負がつく確率は2/3です。では,3人でやった場合はどうなるでしょうか。

 

3人の場合はあいこの手の出し方が「全員同じ手」か「全員異なる手」の2種類あり「全員同じ手」が3通り,「全員異なる手」が6通りあり,全事象は27通りあるから9/27で1/3となって1回で勝負がつく確率はその余事象の2/3となります。

 

つまり,2人でじゃんけんしたときと3人でじゃんけんしたときは1回で勝負がつく確率が等しくなります。これってなんか意外な結果じゃないですか??

 

じゃあ4人より数が多くなるとどうなるんだという話ですが,あいこになりうる手の出し方は「全員同じ手」か「3人異なる手+α」で完結するので帰納的に考えることが出来るでしょう。また,あいこになる確率はnを限りなく大きくすると1に近づくことは自明ですがそれも示すことが出来ます。

 

因みに10人でじゃんけんをしたときにあいこになる確率は95%です。よく大学生グループが大人数でじゃんけんをしてますがもう少し頭を使えないのでしょうか。何のために脳がついてるか分かりません。

 

4人なら大体1/2,5人なら2/5弱で決着が付くのでそれくらいの人数でやるのが妥当なゲームですね。

 

そりでは

秋毎日日記その1004

この毎日日記企画、そもそも日記じゃないし、
smjと二人で毎日にしようなんて言い合わせもしていなかったので、ほんとに3日でおわらせるつもりだったんですが、
続いています。奇跡です。

今日はいつも通りの内容です。

 

この前はま寿司に行きました。
消費税が10%になってからの話です。

 

ラーメン食いてぇなぁでもラーメン屋まで歩くのだるいなぁっていう思いで寿司を食いに行ったんですが、
いつも通り初手あおさの味噌汁を頼もうとしたとき、
目に入ってしまったのが「家系ラーメン」の文字。

回転ずしのこれ系メニューがまあまあ好きなので、行くしかねぇ!ってことで注文ボタンを押しました。
380円でした。

味の感想です。

見た目はかなりの家系ラーメン。

そこらのエセ家系ラーメンより色は濃いし、
トッピングも海苔、ホウレンソウ、チャーシュー、半味玉とちゃんと抑えてきています。
麺はさすがに酒井製麺とは言いませんが太さはかなり再現出来てる。

スープの味はかなり濃いめだけどちゃんと家系の味してます。
適当なとんこつ醤油ラーメンを作って家系を名乗ってるエセ家系よりはちゃんと家系で美味い。
あとでツイッターで見たけど、お茶用の熱湯をいれればスープも熱くなるし濃さもちょうどよくなって良い感じになるらしい。天才。

麺は中太のつるつるの麺。
太さはかなりいい感じなんだけど、麺がつるつる過ぎて持ち上げにくい。
そもそも量が少ないし、麺の長さも短いのもあってかなり持ち上げにくかった。

トッピングは普通。海苔がちゃんと大きいサイズの海苔で3枚ぐらい入ってるのがよかった。

 

あと回転ずしで家系ラーメンを頼む最大のアドポイントは、

寿司を食いながらラーメンのスープが飲めるところ。

普段は味噌汁でやっている所を家系ラーメンのスープで出来るのにかなりのアドを感じられた。
値段は4倍ぐらいだけどあったかいラーメンスープで流し込む冷たい寿司は一度は味わってみてほしい。

 

値段に対する量的なコスパはちょっと悪いけど、
味は及第点だし、スープと食べる寿司という点でも頼む価値のある一品でした。

 

49/72点

富豪なら毎回頼んでもいいかもね。

 

 

それでは今日のクイズです。

クイズは終わりました。

 

 

ばぁzぁい

オータム毎日日記Part102

smjが毎日更新をつないでくれました。危ないところでした。

昨日はいろいろあってパソコンの前に座る時間が短く、ブログの存在をすっかり忘れていました。

 

今日書く内容はこちら。どぉーん。

HARIBO グミ界で一番うまい説

BANANA 果物界で一番コスパいい説

UNKOCHAN 配信しすぎ説 

の3つです。

 

HARIBOっていうグミがめっちゃうまいんですよ。

ハリボーはそれなりに値段がするんですけど、なんか美味いグミです。

グミといえば嫌な思い出が一つあって、
中学2年生のころ、学校の行事で2つぐらいとなりの県で合宿をすることになって、
その行きのバスの中でおやつを持ち込んだんですよね。
ほんとはお菓子を持ち込むのはダメなんですけど、中学校も2年目になって、
ばれなければやってもいい悪いこと みたいなのが出来るようになっていたんですよね。

で、その時もちこんだのが大量のグミ類。
たぶん食べる時に音が鳴らないものを選んだ結果グミ系が中心になったんだと思います。
そのグミをバスの中でもりもり食べてました。合宿先のごはんがあんまり美味しくないんです。

グミうめぇっていいながら2袋ぐらい食べたところで目的地につきました。
合宿中ももちろん、夜寝る前に部屋でお菓子をこっそり食べるのは当然のことなので、
布団の中でグミをもりもり食べてました。

グミの在庫がきれてきた3日目当たり、私は突然の腹痛に襲われました。
合宿中に何度もトイレに行きますが、いまいちな手ごたえでなかなか治りそうにない腹痛。
これはダメだと保険医の人のところに行きますが、グミを大量に食べたことは言えないので、原因不明だと言い張りました。

結果的に合宿は常に腹痛と戦いながら過ごすことになり、合宿中にやるラジオ体操とかが死ぬほど苦痛になった思い出があります。

グミを大量に食べるとおなかを壊す。

ハリボーの話おわり。

 

BANANAの話をします。

バナナは一応果物扱いだけど、食べてる部分は果実ではなく葉の部分だみたいな話を聞いたことがありますよね。

葉を食べると言えば、サラダの上にのっているなぞの見栄えがよくなる緑の葉っぱが一番に思いつくんですが、
あれって味がしないですよね。

でもバナナって味がするんですよね。
どんな生活をすれば葉っぱに味がのるんでしょうか。
見習いたいものです。

バナナについて語ることが思いつかないのでおわりです。

 

UNKOCHAN 配信しすぎ問題について

かとじゅんことうんkが30時間越えの配信を2週間連続でやってて、
まじでこの人ストモン(ストリームモンスター)だなって感心した話です。

両方スクエニの公式放送なんですけど、ライバルズの配信にちょもすが出てきたときちょっと面白かった。

うんkの配信のどこがすごくてどんな面白さがあるかについてはここで語るつもりはないので割愛します。

いくら公式放送といえど、休憩をはさんでるといえど、
30時間も同じゲームをやりつづける体力と気力はまじで人並外れたものがあるなと、
うんkchanにとってストリーマーって天職なんだなって思えるいい配信でした。

アーカーイブをゆっくり見たいと思います。

 

 

 

書くのめんどくさくなったのでおわりまーーーーーーーーーす。

明日も更新するかはわかりませーーーーーーーーーーん

 

 

 

 

 

 

夏休みがまだ続いている毎日日記

こんちくはsmjds

 

夏休みがまだ続いていると書きましたが院ゼミは今日からあるので実質夏休みは終わってるみたいなもんです。

 

10月になりました,今年もあと3ヶ月です。最近,関西が恋しくなってそれのせいか分かりませんが研究のモチベが上がりません。

 

ですが,バイトのモチベは高いです。予備校に就職しても良いと思ってるくらいです。文句があるとすれば休憩時間が長いことくらいです。60分授業して15分休憩は長くない?

 

後期は週に3コマくらいでその内ゼミ2コマなので研究もして,羽を伸ばせる時は伸ばしたい。

 

取り敢えず直近では19日になつかわぁ〜のソロライブがあるのでそれを楽しみに生きていきます。

 

日記シリーズは日を追うごとに書くことなくなるので明日以降続くかは知りません,それでは。

ドラフト候補上位36名について語る。

こんちくわ smjds

 来る10月17日,ドラフト会議がありますね。あと3週間を切ってるので上位候補,個人的に注目してる選手を含め後から見直すためにまとめておきました。

 

《1位》4名

まず1位確定が4名。

・奥川 恭伸(星稜高)

・佐々木 朗希(大船渡高)

・西 純矢(創志学園高)

・森下 暢仁(明治大)

 佐々木に関しては日ハムがすでに明言してるので言わずもがな。即戦力のスターターが欲しいチーム(西武とかヤクルトとか)は森下に行くと予想。西は競合したくない球団が一本釣り狙いしそう。(オリックス以外)

奥川 ・・・オリックス,中日,阪神,ロッテ,DeNA

佐々木・・・日ハム,楽天ソフトバンク,巨人

西  ・・・広島

森下 ・・・ヤクルト,西武

ってイメージ。

《外れ1位》6名

・石川 昂弥(東邦高)

・海野 隆司(東海大

・太田 龍(JR東日本

・立野 和明(東海理化

・宮川 哲(東芝

・河野 竜生(JFE西日本)

 社会人から4人出したのは自分の嗜好なのかもしれないが許してクレメンス。

 唯一高校生から名前を挙げた石川は右打ちのサードで貴重なので人気がありそうと判断。海野はリーグでも安定して成績残してるし守備もいいキャッチャーなのでこの順位かなと。

 J東の太田は都市対抗あんまり良くなかったけど去年までの成績とか長身のパワー系スターターってところを見るとこの順位じゃないと取れなそう。去年の斉藤友貴哉と境遇的には似てるが向こうは大卒社会人なので年齢的な部分であの順位まで残ってたと思ってます。太田と立野のどっち指名するかは良くも悪くも好みの問題。即戦力が欲しいなら宮川,コントロールは怪しいけど。左のスターターが欲しいのなら河野。

 意外と外れ1位で河野が4球団くらい競合しそうと思ってます。

 

《外れ外れ1位~3位》26名

ここからは多くなるので高校,大学,社会人に分けてまとめます。

(高校生)9名

・浅田 将汰(有明高)

・落合 秀市(和歌山東高)

・前 佑囲斗(津田学園高)

・及川 雅貴(横浜高)

・宮城 大弥(興南高)

・東妻 純平(智辯和歌山高)

・紅林 弘太郎(駿河総合高)

・武岡龍生(八戸光星学院高)

・森 敬斗(桐蔭学園高)

 上5名がピッチャー。東妻がキャッチャー。残り3名がショートという感じ。

 ピッチャーは全員素材という感じで特にみんな大好きおよよこと及川は素材中の素材。育ててる自信があるなら1位で行ってもいいと思うがそんな球団はあるのか。前は甲子園では中々いいピッチングをしてたが評価は如何に。

 東妻は高校通算も30本打ってるが現オリックスの若月もキャッチャーで30本近く打ってるので参考にはならんわな。

 ショートの3人衆は去年のショート大飽和時代に指名しなかったDeNA,ヤクルト,楽天,ロッテ,日ハム,ソフトバンク,西武あたりは行くのかな。紅林だけは右打ちなのでそれ以外の球団も欲しがるところはありそう,大型遊撃手は希少価値なので。

(大学生)12名

・伊勢 大夢(明治大)

・津森 宥紀(東北福祉大

・吉田 大喜(日本体育大

・北山 比呂(日本体育大

・大西 広樹(大阪商業大)

・橋本 侑樹(大阪商業大)

・坂本 裕哉(立命館大

・郡司 裕也(慶応大)

・佐藤 都志也(東洋大

柳町 達(慶応大)

・宇草 孔基(法政大)

・加藤 雅樹(早稲田大)

 大量に挙げすぎて書くのが大変ではある。

 伊勢から坂本まではピッチャーで橋本と坂本はサウスポー。伊勢は森下と同期。成績はあんまり振るわないがスリークォーター?サイド?から投げる速球は魅力。個人的にはかなり好きなタイプ。津森も同じタイプだか津森の方がコントロールは良い。

 吉田,北山の日体大コンビ。吉田は良いとき悪い時が激しいが1位,北山は安定感の塊だが2位と予想。某掲示板で「親の顔より見た2位北山」が常套句となるくらい1位感は無いが2位なら喉から手が出るほど欲しい人材。

 大西,橋本の大商大コンビ。春は大西が非常に良かったのと対称的に橋本は不調だったが,左というセールスポイントはある。確か今月ノーノ―してましたし僕らが思ってるよりプロの評価は高そう。

 立命館の坂本は同じ立命館でサウスポーで数年前に1位指名された東と比べるとどうしても見劣りする成績(勿論素晴らしい成績なのだが東が異次元すぎる)。六大学以外から1位指名されるためにはよっぽど異常な成績を残さないと厳しい。

 郡司と佐藤はキャッチャー。先ほど紹介した海野と同じく大学日本代表に選ばれてたが,郡司は安定してちょっと物足りない成績。佐藤は去年の秋が成績悪かったが春で多少は持ち直したが打撃をセールスポイントとするならもう少しホームラン欲しい。

 柳町はサードを守ってるが就活としてのサードなのでほぼ外野扱いでいいと思う。通算100安打を達成してるが,良くいる「下級生の時は良かったがどんどん成績が落ちていった」タイプ。今年の春は持ち直したがこのタイプの評価は良く分からん。個人的には好きだが,かなりアベレージ寄りのあまり足の速くない野手は評価しにくい。

 先ほど言った「下級生の時は良かったがどんどん成績が落ちていった」とは全く逆の「上級生で急に爆発した」タイプが法政の宇草。去年の秋に急に出てきて今年の春はホームラン4本。こんなにパワーあったか!?って感じ。足も速い1番ライト。秋は現状冷えてるらしいが果たして。

 早稲田の加藤は高校時代から注目してた一人。なぜかいつも春は良い成績なのに秋は落ち込む。パワーもあり(元キャッチャーなので)肩も強く三振も少ない。ガタイもデカくカタログスペックも良い。ただ右投げ左打ちの外野はかなり飽和してるイメージなのでどうか。

(社会人)5名

・岡野 祐一郎(東芝

浜屋 将太(三菱日立パワーシステムズ

・小深田 大翔(大阪ガス

・佐藤 直樹(JR東日本

・片山 勢三(パナソニック

  今年の社会人は不作だねぇと毎年言ってる気がする。

 岡野は去年もドラフト候補だったが指名されなかった即戦力本格派。ヤクルトが2位あたりで指名しそう。ただ宮川もいるので同一チームからピッチャー2人は色々と噂があるが・・・と言った感じ。

 浜屋は高卒社会人のサウスポー。特にクロスファイアーが一級品。映像見てる感じは変化球も良かったし普通に上位指名ありそうな感じはする。

 大阪ガスの小深田はショートストップ。去年が何故かサードでスタメンだったが。タイプ的には現オリックスの福田周平の右打ちver。そのタイプなら源田レベルの守備力が欲しい。阪神が近本で味を占めて候補に入れてるらしいが,それなら一発のある日本通運の諸見里の方がいいと思います。

 J東の佐藤直樹は肩強い,足早い,パワーある右打ち外野の高卒社会人。マジで方は強いらしい。早稲田の加藤と比べるわけではないがこういうタイプは欲しがる球団多そう。タイプ的には現中日の武田健吾が近い。

 最後にみんな大好き(?)片山勢三。176cm101kg,4番ファースト。社会人からこういうスラッガー候補が出ることはかなり珍しいので評価が難しすぎる。日生からロッテに行った井上晴哉も5位まで残ってたので中位候補には挙げたがそこまで残ってる可能性も全然ある。都市対抗では一切長打が出なかったのは気になる。まぁ指名するならDHのあるパリーグかなぁ・。・

 

ちょうど36名の名前を挙げました。我らが猛牛軍の希望ドラフトとしては

1位 奥川 恭伸 投手 星稜高

2位 佐藤 都志也 捕手 東洋大

3位 伊勢 大夢 投手 明治大

4位 佐藤 直樹 外野手 JR東日本

5位 藤野 隼大 捕手 立教大

6位 岩本 大地 投手 石岡第一高

って感じですかね。あとは高卒野手がほちいです。

 

そりでは

 

 

夏休み終わった毎日日記

tmjds

多分世間の大学生は夏休みが終わるか終わらないかぐらいの時期なんじゃないでしょうか。
夏休みはほとんど揺れ万の更新をしていなかったので、夏休みが終わった今毎日更新をしていきたいと思っています。

ただ、毎日更新するのは普通に面倒くさいので、すぐ終わってしまうかもしれません。
3日坊主とまではいかずとも、5日坊主ぐらいには続けたいと思っています。

夏休みという縛りがない以上、毎日更新に終わりがないので、
何かテーマを決めて区切りが良くなった時点で行進を終えるという形にしていけばいいなって、いま文章を打ちながら思いました。

どんなテーマで行進していくかの内容を今考えているので、考える時間を確保するために何かしら時間をつぶすための文章を必死に打ち込んでいきます。
つまりここからは内容のない世間話が入ります。

今手元にあるもののなかに何か話ができるものがないかと見渡した時、ふりかけの袋があったのでその話をしていきます。

ふりかけといえば丸美屋という印象があるかと思います。
丸美屋といえば「のりたま」「味道楽」「すきやき」なんかのふりかけで有名ですよね。中学高校時代はよくお弁当にかけて食べていました。
あと大人のふりかけシリーズも好きでした。最近みませんがどこにいったんですかね。
海苔が多めに入っていて好きだったんですが。

海苔といえば、AG全員が唯一見ているYoutuberとして有名なSUSURU TV.でも、よくラーメンに入っている海苔にフィーチャーされていますね。
海苔を食べたときはとりあえず磯感と言っておけばいい感がただよっていますが、
まあ海苔ってそんなに味しないし仕方ない気もする。
味付け海苔以外で、めっちゃうまい海苔って食べたことないし。

話は変わりますが、今手元にあるふりかけは丸美屋のふりかけではありません。

「大森屋」という会社のつくったふりかけです。商品名は「小魚ふりかけ」です。

大森屋のふりかけは、この「小魚ふりかけ」と「緑黄野菜ふりかけ」しか見たことがありません。
もしかしたらほかにもあるのかもしれないんですが、少なくとも買ったことのあるふりかけはこの2種類だけです。

これらのふりかけの特徴は、中にでかめの乾燥剤が入っているということですね。
大袋の中がしきりでわかれていて、その片方に乾燥剤が入っています。
ふりかけをかけるときに落ちることはないようにできていますが、乾燥剤のせいで内容量に対して結構重めになっています。

重いせいで、持った時の重さ的に「まだこれぐらい残っているな」という予想が大体裏切られます。
まだ残っていると思ったらほとんど残ってなくて、ほぼ乾燥剤の重さだった。ということが頻繁に起きている気がします。

ただ、でかい乾燥剤が入っているということだけあって、かなりふりかけはパリパリの状態が維持されています。
特に小魚ふりかけの方は、ふりかけの中にかなりでかめのシラスのようなものが入っていて、それがかなり美味いです。

このふりかけの美味さを最大限引き出すために入ってるんだなぁと毎回納得しながら食べているので、乾燥剤はこれからも入れていて欲しいと思います。

 

ふりかけの話がそろそろ限界になってきているので、そろそろ別の話をしていきます。

もう一つ手元にあるものがありました。空のペットボトルです。

デカビタCダブルチャージのペットボトルなんですが、この清涼飲料は僕が1番好きなジュースといっても過言でないものの一つです。
ワンオブザモーストフェイバリットドリンクってやつです。

デカビタCを作っているのはサントリーという会社なんですが、サントリーといえば大阪に本社がある会社として大阪出身の人にとって有名ですね。

関西にある大手企業の名前をあげるとするとまず名前が挙がってくる会社です。

そんなサントリーですが、最近特に注目してるコンテンツがあります。

それは、サントリー公式Vtuber「燦鳥ノム(さんとりのむ)」というやつです。

オタクなのでVtuberに釣られる浅はかなやつなんですが、この燦鳥ノム(変換めんどくさい)が結構コンテンツとして力入れている感じがあるんですよね。

モデルはかなりクオリティが高いし、見た目もオタクに受けそうなかわいい見た目してます。中身の声もなんかクリアな感じ(?)がして飲料メーカーとしてそれなりにマッチしてそうな気がする。
動画は週に2本ぐらいで、編集もかなり凝っているので、サントリー側もそれなりに力を入れてるのかもしれん。動画はおもんないけど。

大きな会社がこういうVtuberを広告目的に使う例としてかなり大きな成功例になってると思います。
登録者が11万ぐらいで、Vtuberの中では多い方って感じだから成功といえているかはわからんけど。

サントリー方面で話を伸ばそうと思いましたがサントリノムの動画は大して見てないのでこれ以上伸ばせませんでした。これで終わります。

 

ここまでほぼノンストップで書くことはできたんですけど、肝心の毎日更新のテーマについてはなにも決まっていません。
話を伸ばすことに集中したせいでなんも考えていませんでした。

そもそも毎日テーマについて書いていこうとしても、浅い考察以外を書こうとするとそれなりに文章を考えるのに時間がかかるのでかなりしんどそうな気がします。
3日も続くか分からない。
新聞ってすごいんだな、新聞の記者って毎日ネタを拾ってきたり文章考えたりしてほんとに偉い。そりゃ1部数百円で売れるわ。

ということで、今思いついたんですが、毎日今日みたいな、今手元にあるものについてその場で思いついたことをひたすら書き続けるということをやっていきます。

今日で大森屋とサントリーを使ってしまったので書けるか不安です。

なるべくグーグルの力を借りずに、自分がもってる引き出しだけでやっていこうと思うので、雑学みたいなものもなくなると思います。

タオルの色って、赤より青のほうが水を吸う感じするよね

みたいな話が中心になっていきます。

今日は2500文字ぐらい書いて疲れたので終わります。

今日のクイズのコーナーは無くなります。

理由はポケモンwikiを見なくなったからです。

 

 

っそれでは。ばぁぁい

日雇いバイトをやったという話

tmjds

先週だかそのまえの週だかに、金がないので日雇いのバイトやるかゎら。

っつって友達と2人で日雇いバイトやってきました。

 

内容は某グループがライブをやったあとの撤収ってやつ。
流れと感想を書いていきたいと思います。

 

 

①夜に集合

ライブが終わるのが夜なので、当然撤収も夜から朝にかけてやる。
仕事開始時間の1時間前集合だったので、晩飯を食べた後それぐらいの時間に駅前の集合場所に行く。

集合時間の10分ぐらい前、すでに集合場所には20人ぐらいの人だかり。
この時点でとりあえず1回帰りたくなりました。

でも、友達と一緒に来たし、社会見学だと思って今回だけはとりあえずやってみようということで合流。
事前に登録してた情報を言って、出欠みたいなのを取る。

たぶんこの時点で集合時間にいなかったら、電話をめっちゃかけられるんじゃないだろうか。
登録の時点で個人情報を開示しちゃってるんで怖いですね。

 

②集合場所からライブ会場に移動→ライブが終わるまで待機

関係者入口みたいなところに入る前に軽くミーティング。
今回は人数が多いだとか、結構作業はきついだとか、ほかの会社からのアルバイトの人がいっぱいいるからちゃんとどの集団に対しての指示かを聞き洩らさないようにだとか、
そういう注意事項を言われます。

この時点で思ったことは、
会社とアルバイターは賃金だけの関係なので、かなりお金に関しての注意をしてくるなという感想。
お前らお金欲しさにこんなことやってんだから、金が欲しいならちゃんと指示に従えよといった事を強調して言ってくる。
まあ確かにその通りだけど、この時点で日雇いアルバイターの扱いというものについてちょっと理解が深まった。

 

ライブが終わりに差し掛かり、
関係者入口から入って待合室に荷物を置き、ヘルメットをもらうと、
ステージの裏手あたりのところでで1時間ほど待機。

待機しているメンバーは、プロの片づけマン達(ガテン系)が数十人と、アルバイターが100人以上。

シャッターはしまっているけど、すぐ近くのライブの音とかは聞こえた。

 

③最初の2時間

ライブが終わり、客が全員会場のそとに出たところでシャッターが空き、プロの人を先頭に200人以上の片づけ部隊が一斉になだれ込む。

僕らに与えられる仕事はまず椅子の片づけ。
これが4脚が1つに合体している奴で、なかなか重くて運びにくい。

ライブ中の見張りスタッフたち(スーツを着ている)も手伝ってくれながら、もくもくと椅子を運んで、一つのところに積んでいく。

その作業の合間に、プロの片づけ職人たちはアルバイト達をどんどん引き抜いていく。
自分のやっている作業に必要な人員を見つけて、「そこの何人こっちにこい!」といった形でどんどんバラバラに散らされていく。

変な作業より椅子を運んでる方が楽な気がしてたので、上手く逃げながらひたすら椅子を運んでた。
一緒に来た友達はこの時点でどこにいるのかわからない状況。

スーツのスタッフもいるので椅子運びは多分30分ぐらいで終了。
ヘルメットで色分けされてる僕らは、プロの職人の手となり足となり、
ひたすら重いものをバラしたり運んだりしていく。

次は、椅子がなくなった分のスペースをつかって、ライブのステージをバラす作業を手伝うことに。

演者が立って歌うだけのステージなので、かなり頑丈にできている。
支柱は金属だし、床面はぶあつい木の板で組まれている。

そんな気の板をひたすら剥がし、フォークリフトで運びやすいように一つのところに積んでいく。

かなりの人数で作業をしているので、舞台はみるみる分解されていく。

すこし手の空いたところで、別の職人に呼ばれ中央のステージの分解を手伝うことに。

その職人が変な関西弁で叫ぶドカチンで、かなり言葉が荒かった。
相手の曖昧な指示に対して聞き返すと、耳悪いんか!頭悪いんか!と罵倒してくるどうしようもないオヤジ。

ここで言い合いしてもしょうがないし、反発してもしょうがないのでテキトウにいなしながら作業をこなす。

この時、日雇いのアルバイトは労働力の1つとしか思われていないんだなということを実感した。

 

ここまでが最初の2時間。
作業のひと段落がついて時計を見たとき、「まだ2時間しかたってないのか・・・」と絶望しかけた。

 

④そこからの3時間

言葉の荒いドカチンの指示にうんざりしていた僕と、同じ作業をしてたもう一人のアルバイターは隙を見つけて別のところに行くことを画策。

うまいこと物を運ぶ振りをして別の作業に参加することに成功。

ライブに使った重くて大事な機材(スピーカーとか)を運ぶ作業をやることに。

これはかなり楽な部類の作業だった。
物が重いので底にキャスターのついた箱に入っており、それを二人組で押して運ぶだけ。
会場の中から、そとで待機しているトラックに渡しやすいところまでコロコロ押していく。
同じ現場にいた人と世間話をしながら楽々と作業をして30分ぐらいで終了。

その場のチーフみたいな人に、じゃあステージの片づけに戻ってと言われたので戻ることに。
メインのステージがかなりでかいので、まだまだ解体が終わっていない状態。

またここに戻るのかぁと思いながら歩いていると、
そこの二人、あそこにいる二人の作業を手伝ってきて!っと集団から抜かれる。

ステージからかなり離れた場所で合流すると、先にいた二人も何の作業をすればいいのかちゃんと理解していない模様。

どうやら別の作業が終わらないとできない片づけを指示しようとしたけど、
その別の作業がなかなか終わる様子がないっぽい。

そこに来たチーフっぽい人が、あとで指示するから待機しといて!っと言ってステージの方に向かって行ってしまった。

 

そこからそのチーフっぽい人が戻ってくることはなかった。

僕らは待機という大義名分をもらったことにより、そこに立っていることが仕事になり、2時間さぼり倒した。

場内は人が入り混じったカオスなので、ステージから離れた僕らのことを気にする人はおらず、遠くから見ると4人で何か作業をしているように見えたらしい。(ホンマか)

 

⑤その後

待機という仕事を果たした後、バイトがちらほらと休憩の指示をもらって控室に戻っていく姿を目撃した僕らは、チーフに休憩を求めに行くことに。

さも仕事をしてきたような姿をして、休憩まだですかということを言いに行くと、
「とりあえずあそこの作業してきて」みたいなことを言われる。

速く休憩させてくれよと思いながらしぶしぶ作業をやったあと、ようやく休憩の時間。

休憩は30分で、お茶と弁当が一応もらえる。

 

休憩がおわったあとは普通に肉体労働。
人数が多いせいか作業は前倒しで進み、何もすることが無い時間も結構あった。

プロの職人も自分の仕事が終わり次第途中で帰るし、終盤のメイン作業はフォークリフトやトラックの仕事がほとんど。

きれいになった会場の掃除や、ステージの下に引いていたベニヤ板なんかを回収すればバイトの仕事は終わり。

控室に集合してお疲れさまでしたという流れ。予定の時間より少し早く終わった。

余った弁当を持って帰っていいよと言われたので、2個ぐらい持って帰った。

 

⑥感想

やってるときの感想は、底辺感すごいなという感じ。

アルバイトのメンツ達は、
アスペみたいなやつ1割、日雇いのベテランみたいな人たち3割、
日雇いで小遣いを稼いでる大学生っぽいの3割、初めて来ました人たち3割
って感じ。

シャツは汗だくになるし、ヘルメットは蒸れるし、軍手は真っ黒になるし、
なにより労働力の1パーツだとしか見られないという環境はかなりキツイ仕事だなと思う。

ただ、一つのライブの片づけという作業だけにこれだけの人数の人が関わっているんだなというのはちょっと感心するところではあった。

こういう肉体労働をする人は必ず必要だし、これだけのマンパワーを投入するだけの価値が、イベントというものにはあるんだということが理解できたのはやって良かった点だと思う。

 

もう1回やりたいかと聞かれると、まあやりたくないなとは思うけど、
1回やる分には得られるものとか知見が多少ある気がする。

1dayインターンに行ったぐらいの気持ちでやるといいと思う。

 

 

おわり。

 

今日のクイズです。

ひこうタイプの特殊技で、3番目に威力が高い技は何でしょう。

2番目はエアロブラストです。

 

そりでは。